次の目的地が決まる宿


プラネタイズホステルは地方に訪日外国人を送客する訪日外国人向け宿泊施設です。2017年2月13日開業。

 

トラベリエンスは2013年の創業時から主に欧米系訪日外国人を対象とした観光事業を行っている観光系ITベンチャー企業です。訪日外国人と日本全国の通訳案内士をマッチングするツアーマーケットプレイス「Triplelights.com」(トリプルライツ)や、映像で見る旅行ガイドブック「Planetyze.com」(プラネタイズ)を運営しております。

これらの運営を通して感じている課題は、初めて日本を訪れる欧米系訪日外国人が東京-京都-大阪-広島のゴールデンルートに集中し、東北をはじめとした他の地域をあまり旅行していないという事実でした。その原因は、彼らは日本人が思っているほど日本の情報を持っていないため、ゴールデンルート以外がそもそも行き先の選択肢にもなっていないということでした。

欧米系訪日外国人が殺到している長野県のスノーモンキーの事例のように、「行きたい!」と思わせる情報をきちんと届けることができれば、訪日外国人はどこにでも行くという仮説のもと、日本全国の魅力ある観光スポットを「行きたい!」と思わせる映像でまとめているのが、映像で見る旅行ガイドブック「Planetyze.com」です。そして、それをきちんと届かせるためのチャネルが、今回開業する地方に訪日外国人を送客する宿泊施設「Planetyze Hostel」なのです。

 

「Planetyze Hostel」は、地方に行く可能性のある訪日外国人として、欧米系バックパッカーをターゲットとしています。

Hostel(ホステル)、いわゆるゲストハウスに宿泊するお客様は、欧米系のバックパッカーと呼ばれる人たちで、彼らは日本滞在期間が2週間から6週間という長期間を旅行し、翌々日のホテルの予約を取っておらず、行き先を現地で情報収集して決めていくという旅のスタイルを好んでおります。

 

「Planetyze Hostel」のカフェ&バーには、トラベリエンスが自社開発したタッチパネルシステムが設置されています。宿泊客が操作することで、日本全国の「Planetyze.com」に掲載されている観光スポットの映像が、42型のモニターを4面接続した巨大なモニターに映し出されます。また、英語と日本語に堪能な外国人ホステルスタッフが宿泊客の旅程相談に乗ることで、宿泊客のニーズに合った日本全国の観光スポットを紹介します。

 

トラベリエンスはITの「Planetyze.com」と宿泊施設「Planetyze Hostel」を有機的に結びつけ、地方に訪日外国人を送客することを実現します。

————————————————————————

施設概要

 

施設名  :Planetyze Hostel (プラネタイズホステル)

URL  :https://planetyzehostel.com

電話番号 :03-5829-4554

所在地  :東京都中央区東日本橋二丁目24番9号

アクセス :JR総武快速線「馬喰町駅」徒歩2分

JR総武線・都営浅草線「浅草橋駅」徒歩4分

都営浅草線「東日本橋駅」徒歩4分

都営新宿線「馬喰横山駅」徒歩6分

敷地面積 :109.60㎡

延床面積 :791.49㎡

構造   :鉄骨造

規模   :地上10階建

用途   :簡易宿所

竣工年月  :昭和62年6月

構成   :1F フロント・カフェ&バー

2F オフィス

3F〜10F 宿泊施設

部屋数  :34部屋

収容人数/日:104名

客室タイプ:ツインルーム・ダブルルーム・ドミトリー形式 2 段ベッドルーム

付帯施設・サービス:タッチパネル連動大型モニター(42型4面接続、55型)、シンボルツリー、旅程相談コンシェルジュ、カフェ&バー、全館無料Wi-Fi

 

ウェブサイト         お問い合わせ

その他の事業